外壁塗装

お住まいを守る外壁塗装には確かな品質を

外壁に、ひび割れや塗装の剥がれ、色あせなどの症状が発生していませんか?
もしそのような症状が見つかれば、外壁からの危険信号といえるでしょう。
お住まいの防水効果が切れかけている状態なので、早めに塗り替えの計画を立てることをオススメします。

外壁塗装といえば、多くの方はお住まいの外観を美しく見せることだと思われがちですが、一番大切な役割は、雨や日差しから外壁を保護することなのです。
建物を雨漏りから守り、その寿命を延ばすための大切な工事ですので、10年を目安に定期的な塗り替えを行いましょう。

塗装工事は職人の腕次第で、防水性や耐久性に大きく差がつく工事。
そのため、信頼できる腕の確かな塗装業者にお任せいただくのが一番です。

当社では経験豊富な職人が直接現地までお伺いしますので、一軒一軒に合った最適な施工が実現します。

こんな症状はありませんか?
□ 外壁に触ると白い粉がつく
□ 外壁に幅1mm以上のひび割れがある
□ 外壁にカビ・コケが発生している
□ 外壁に塗膜の剥がれが見られる

ピッタリのものを選ぼう!塗料の種類

お住まいに使われる塗料は、大きく分けると次の5つに分類できます。
ご予算や塗り替えできる頻度など、各種ご要望に合わせて最適な塗料をお選びします。

● アクリル塗料
【塗料グレード:★☆☆☆☆ / 耐久年数:6~8年】
約20年前に生まれた、古くからある塗料。
製造量が多く、色の再現性が高いことから昔は主流とされていました。
しかし、劣化が早く、塗膜も固いのでひびが入りやすく、塗り替えのサイクルが短いのが難点です。

● ウレタン塗料
【塗料グレード:★★☆☆☆ / 耐久年数:7~10年】
塗膜がやわらかく、密着性に優れている点から、細かい部分の塗装にも適しています。
価格帯・耐久性・機能性ともにバランスが良いことから万能塗料とも言われていました。
しかし、耐久性や性能が上位の塗料より劣るため、近年では使用されることが少なくなってきました。

● シリコン塗料
【塗料グレード:★★★☆☆ / 耐久年数:12~15年】
近年価格が下がってきたこともあり、徐々に人気を集めている塗料。
シリコンを含有することで、汚れにくさと性能を両立させ、高い耐久性を実現します。
現在もシリコン塗料をベースとした様々な特殊塗料も数多く開発されています。

● ラジカル塗料
【塗料グレード:★★★★☆ / 耐久年数:14~16年】
2015年に発売された、新しい塗料です。
従来の塗料にはなかった高緻密なシールド層が特徴。
紫外線・酸素・水による劣化をブロックすることが可能です。
価格はシリコンとほぼ同程度ですが、耐久性が高いことからさらに人気を集めています。

● フッソ塗料
【塗料グレード:★★★★★ / 耐久年数:15~20年】
他の塗料に比べて、優れた対候性を発揮するのが「フッソ塗料」。
価格は少し上がってしまいますが、その分様々な機能を持ち合わせ、すぐれた耐久性が期待できます。
東京スカイツリーの鉄骨塗装に採用されるなど、高い評価を得ており、近年では屋根を中心にフッソ塗料を選ばれるお宅が増えてきています。

一覧ページに戻る