屋根塗装

遮熱・断熱で機能性アップも!屋根塗装に安心をプラス

屋根は、雨や日差しの影響を最も受けやすい箇所。
また、高いところにあるためセルフチェックが難しい場所でもあります。
知らず知らずのうちに防水性が失われ、気が付けば雨漏り寸前……。なんて状況も少なくはありません。

もしも外壁にひび割れや塗装の剥がれが発生していたら、そろそろ屋根にも塗り替えが必要な時期だといえます。
「一度屋根の状態を見て欲しい」といった点検だけのご依頼も快く承っていますので、前回の塗り替えから10年以上が経過している場合は、ぜひ一度お気軽にお声掛けください。

屋根塗装の際は防水性を高めるのはもちろんのこと、これと一緒に考えておきたいのが“遮熱性・断熱性”。
実は夏場の屋根の表面温度は70度以上になることもあります。
そして、その熱が室内に流入することで、お部屋の暑さが増してしまいます。

当社では遮熱・断熱をはじめ、様々な機能性塗料の取り扱いも実施。
幅広い知識と、柔軟な対応力で、お客様のご要望に合わせた最適な塗り替えを実現いたします。

こんな症状はありませんか?
□ 屋根の色が変色している
□ 雑草が生えたり、コケやカビ、錆びが見られる
□ 屋根に塗装の剥がれが見られる
□ 雨漏りしている箇所がある

様々な機能性を活かし、ワンランク上の塗装を実現

● 断熱塗料
断熱塗料はその名の通り、熱の伝導を抑える働きを持つ性質のある塗料です。
夏場は太陽光の熱が屋内に伝わるのを防ぎ、冬場は室内の熱が外へ逃げるのを防いでくれるため、一年を通して快適な室内環境をつくります。

● 遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射することで、室内の温度上昇を防ぐ塗料です。
製品によっては、屋根の表面温度上昇を、最大10~15℃も抑制することが可能。
夏場になると2階の部屋が暑くて寝られない、冷房代を節約したい、というご家庭にオススメです。

● 低汚染型塗料
廃棄ガスや酸性雨などで塗装面が汚れてしまうと、美観を損なうだけではなく、塗装の耐久性も下がってしまいます。
そんな汚れを防ぐ効果を持った塗料が、低汚染型塗料。このような親水性のある塗料を使うことで、塗膜面に雨水が膜を形成、汚れが付着するのを防ぎます。

● 防カビ・防藻塗料
各メーカーから様々な塗料の種類が製品化されており、中でも防カビ材を添加しているタイプが多く見られます。
カビや藻はそれ自体が湿気を多く含んでいるため、外装材を傷める原因になりやすいもの。
日当たりの悪い立地の場合は特に、この塗料が大きな効果を発揮します。

一覧ページに戻る