防水工事・シーリング

防水工事

屋上やバルコニー、ベランダなど様々な場所で防水塗装をすることで、建物内部への水の浸入を防ぐことが出来ます。これは雨漏りや躯体の腐食を防ぐのにとても効果的です。
液体状の材料を使うウレタン防水なら、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜をつくりだすこと可能です。

防水塗装の種類

● ウレタン防水
液体系の材料を使用するため、複雑な形状の場所に対応することが可能。
ウレタン防水は様々な下地に対応でき、廃材がほとんど出ないというメリットがあります。

● FRP防水
紫外線や低温にも耐える高い耐久性を備えているFRP防水。
ガラス繊維に樹脂を混ぜて一体化した成分であるため、強力な防水塗膜を作ります。
これまでのものに比べて塗料の硬化時間が非常に早いため、短い工期で施工することが可能です。

 


 

シーリング

外壁の部材同士の間にあるグレーのゴム状のものをシーリングといいます。
部材同士がぶつかり合わないようにするためのクッション材としての役割や、建物への水分の浸入を防ぐ役割があります。
シーリング材は5年を過ぎると劣化が始まると言われているため、定期的な補修が必要。
「窓の隙間から雨水が入ってくる……。」「劣化が進んで外壁の隙間がボロボロ……。」といった症状でお困りの場合は、そのまま放置せずに当社までご連絡ください。

シーリングの役割
◆ 建物の気密性を守る
◆ 湿気や雨水の浸入を防ぐ
◆ 壁材の変形や伸縮を受け止めるクッション材
◆ 経年劣化からくる、外壁のひび割れを埋める充填材

一覧ページに戻る